『青眼の白龍』カードごとの値段・入手難度まとめ

遊戯王といえば『ブルーアイズホワイトドラゴン』という方が多いと思います。

ブルーアイズはこれまでに沢山収録されており、イラストやレアリティの異なるものが多々存在します。

このページでは、そんな『青眼の白龍』の収録・レアリティ毎の相場・入手難度を紹介します。(ノーマルは省いています。)コレクターの方は参考にしてみてください。

ここで紹介している入手難度は値段の高さなどではなく、ショップやネットオークション、フリマアプリなどでの流通量を指しています。

また、カードの状態により値段は変わります。

シークレット

価格 約100万円
入手難度

1999年12月18・19日開催『ジャンプフェスタ2000』プロモカード

1000枚限定と言われていますが、正確な枚数は不明です。

『シクブル』の名称で有名なシークレットレアのブルーアイズ。昔のプロモカードなので枚数が少なく、全ブルーアイズの中でも一番値段が高いです。近年さらに値段の高騰が続いています。

まれにヤフオクなどで出品されていますが、美品の出品はほとんどなく希少です。
また、偽物やオリパの詐欺に使われることも多く、購入する際には注意が必要です。

ちなみに2013年頃の相場は、1枚15万円ほどだったので、近年すさまじく高騰しています。

価格 約2500円
入手難度

2015年1月10日発売『決闘者の栄光 -記憶の断片- side:闇遊戯』収録
型番は「15AX-JPY07」

こちらは限定カードではないので、旧シクブルと比べると、同じシークレットレアの割に安価で購入できます。

初期イラストのシークレットレアのブルーアイズは上記のモノと合わせて2種類しか存在しないので、どうしてもシクブルを使いたいけどお金がない場合はこちらのシクブルで我慢しましょう。

価格 約1300円
入手難度

2019年2月9日発売『20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION』収録
型番は「20TH-JPC58」

『CoCo壱番屋 遊戯王コラボキャンペーン』プロモカードと同じイラストです。

同じイラストでさらにレアリティの高い『20thシークレット』が同じ日より配布された『20thシークレットレア SPECIAL PACK』に収録されているので、こちらはそこまで高くありません。

シークレットレアの中では1番安くなっています。

20th シークレット

価格 約4万円
入手難度

2018年8月4・5日開催「World Championship Series 2018」プロモカード
型番は「2018-JPP01」

2018年8月4日5日に行われた「World Championship Series 2018」の来場者プレゼントとして配布されたカードです。

スマートフォンアプリ「デュエルリンクス」内にて抽選で50名にプレゼントという企画もありました。

配布直後は1枚7,8万することもありましたが、現在は少し落ち着いているみたいです。

価格 約3500円
入手難度

2019年2月9日配布開始『20thシークレットレア SPECIAL PACK』収録
型番は「20CP-JPS02」

『青眼の白龍』2種類目の20thシークレットです。

イラストは違いますが既に20thシークレットが存在するということもあってか、あまり高額にはなっていません。




アルティメット

価格 約5万円
入手難度

2001年4月19日発売『Spell of Mask -仮面の呪縛-』収録
型番は「SM-51」

アルティメット(レリーフ)レアのブルーアイズはこの1種類しか存在せず、当時のパックの封入率から考えると中々当たらないカードでした。

2015年頃は1枚5000円ほどが相場でしたが、ブルーアイズの根強い人気と最近の2期レリーフ人気も相まって、近年高騰しています。

ホログラフィック

価格 約6500円
入手難度
  • 2014年12月20日発売『THE RARITY COLLECTION』
  • 2016年12月17日発売『20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE』収録

型番は「TRC1-JP000」・「20AP-JP000」

ホログラフィックレアの登場から7年を経てようやく登場したブルーアイズのホログラフィックレア。

12箱に1枚の割合で封入されているので、価格は高くなりがちですが、流通量は思ったほど少なくはありません。

パラレル

価格 約500円
入手難度

2002年8月22日発売『DUELIST LEGACY Volume.2』収録
型番は「DL2-001」

ブルーアイズ初のパラレルレアですが、初期イラストではないためあまり人気がないようです。

価格 約150円
入手難度

2015年1月10日発売『決闘者の栄光 -記憶の断片- side:闇遊戯』収録
型番は「15AX-JPY07」

シークレットと同じ型番ですがレアリティが異なります。

価格 約250円
入手難度
  • 2016年6月18日発売『ストラクチャーデッキ-海馬瀬人』
  • 2017年6月2日発売『遊戯王デュエルリンクス レジェンドデッキガイド 闇遊戯VS海馬瀬人』収録

型番はそれぞれ「SDKS-JP009」・「LG02-JP001」

最近の商品に収録されていたモノなので、流通量も多く価格も良心的です。

価格 約300円
入手難度

2019年2月9日発売『20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION』収録
型番は「20TH-JPC58」

『CoCo壱番屋 遊戯王コラボキャンペーン』プロモカードと同じイラストです。

同じパックに同じイラストのシークレットレアが収録されているため、そこまで高くありません。

ウルトラ

価格 約25万円
入手難度

『Vジャンプ2000年1月号』抽選プロモカード

抽選で1000枚配布されたカードなので流通量が少なく大変希少です。

また、2018年3月24日に発売された「スターターデッキ2018」の初回限定盤秘蔵カードとして、当時生産されたものが10枚封入されました。

秘蔵レアの未開封は1枚約60万円ほどになっています。

価格 約40万円
入手難度

『週刊少年ジャンプ2001年27号』抽選プロモカード

抽選で1000枚配布されたカードなので流通量が少なく大変希少です。

こちらも2018年3月24日に発売された「スターターデッキ2018」の初回限定盤秘蔵カードとして、当時生産されたものが10枚封入されました。




価格 約3万円
入手難度

1999年3月18日発売『STARTER BOX』収録

初期フォーマットのブルーアイズ。以前はそんなに高くありませんでしたが、最近高騰傾向にあります。
遊戯王OCG初のウルトラレアカードなだけあり、大変人気のあるカードです。

価格 約6000円
入手難度

2000年5月18日発売『青眼の白龍伝説-LEGEND OF BLUE EYES WHITE DRAGON-』収録
型番は「LB-01」

再録版で2期フォーマットになっています。
こちらも以前は安価で購入できましたが、最近はジワジワと値段を上げてきています。

価格 約700円
入手難度

1999年12月16日発売『EX』収録

初期フォーマットのブルーアイズは人気が高いですが、このイラストのモノは登場当時からあまり人気がなく、値段はあまり高くありません。

価格  約400円
入手難度

2000年11月23日発売『EX-R』収録
型番は「EX-49」

再録版で2期フォーマットになっています。
上記と同様です。

価格 約200円
入手難度  
  • 2002年8月22日発売『DUELIST LEGACY Volume.2』
  • 2004年6月24日発売『BEGINNER’S EDITION 1』
  • 2011年5月14日発売『BEGINNER’S EDITION 1』
  • 2013年6月15日発売『ストラクチャーデッキ-青眼龍轟臨』収録

型番は上から「DL2-001」・「BE1-JP098」・「BE01-JP089」・「SD25-JP001」・「DP16-JP015」

3期以降に登場したブルーアイズで一番多いイラストのモノです。
他のイラストと比べるとあまり人気がありません。

価格 約500円
入手難度  

『週刊少年ジャンプ2003年3・4合併号』プロモカード
型番は「JMP-001」

英語版のプロモーションカード。
週刊誌のプロモゆえに他のカードと比べると流通量は少なく感じます。

価格 約200円
入手難度  

2015年6月6日発売『デュエリストパック-決闘都市編-』収録
型番は「DP16-JP015」

上記プロモカードと同じイラストの初再録版です。

価格 約300円
入手難度  

2009年3月14日発売『ANNIVERSARY PACK』収録
型番は「YAP1-JP001」

高橋和希先生描き下ろしの新イラストです。
アニバーサリーパックは絶版ですが、入手は難しくないと思います。

価格 約600円
入手難度  

Vジャンプ(2013年7月号) 付属カード
型番は「VJMP-JP080」

こちらも高橋和希先生描き下ろしの新イラスト。
プロモーションカードなので、値段は若干高めです。

価格 約3000円
入手難度

2016年7月16日~実施『「遊戯王デュエルモンスターズ 最強カードバトル!」クリア特典』プロモカード
型番は「SCB1-JPP01」

小中学生限定のイベントでの配布。
このイラストで初期以外のプロモカードとして配布されるのは、このカードが初めてです。

また、2018年3月24日に発売された「スターターデッキ2018」の初回限定盤秘蔵カードとして、300枚封入されました。

それなりに流通していますが、未開封品の相場は少し高いみたいです。




スーパー

価格 約200円
入手難度

2008年3月12日~稼働『DUEL TERMINAL -シンクロ覚醒!!-』収録
型番は「DT01-JP001」

ブルーアイズ唯一のスーパーレアです。

デュエルターミナルは次弾のリリースと共に稼働数が減っていくのですが、デュエルターミナルの稼働開始時は多くの人が遊んでいたため、このカードも結構流通しています。

KCレア

価格 約800円
入手難度

2016年4月23日~実施『CoCo壱番屋 遊戯王コラボキャンペーン』プロモカード
型番は「MVPI-JP002」

CoCo壱番屋にて1回の会計が1000円ごとに1枚プレゼントされたカード。

在庫がなくなり次第終了のキャンペーンだったため、店舗によってはキャンペーン当日に在庫がなくなるところもあれば、終了間際まで在庫が残っていた店舗もありました。

価格 約1000円
入手難度

2016年4月21日発売『ジャンプ流 vol.08』プロモカード
型番は「JMPR-JP001」

ブルーアイズと共に海馬が描かれている珍しいイラストになっています。
ジャンプ流 vol.08のDVDで、このイラストの制作作業が見られます。

まとめ

あなたのお気に入りの『青眼の白龍』は見つかりましたか?
『青眼の白龍』は遊戯王カードの中で1番イラストの種類が多いカードで8種類も存在します。

今回掲載している相場よりも安く購入できる場合もあると思うので、欲しいカードは積極的に探してみてください。

また、買取に出される場合も是非この値段を参考にしてみてください。

その他種類ごとの価格・相場まとめはこちら




青眼の亜白龍の相場・買取価格もまとめています。

関連記事

偽物の『ブラックマジシャンガール』(G3-11)の見分け方【遊戯王カード】

【画像付き】英語版で変な名前にされた初期カード一覧まとめ【遊戯王】

【画像付き】城之内が使用したカード・デッキ一覧まとめ【あご】・【遊戯王】

世界に1枚と噂される『Millennium Thousand-Eyes Viru...

『ブラックマジシャン』種類ごとの値段・相場まとめ【遊戯王カード】

【画像付き】海馬が使用したカード・デッキ一覧まとめ【遊戯王】