【画像付き】名前エラッタのあったカード一覧【遊戯王】(日本・中国・韓国版)

遊戯王カードには、同じカードなのに初登場時と再録時や追加生産時のカード名に違いのあるカードが存在します。

日本を含めアジア圏の言語のカードには当てはまる例が少ないですが、英語版やヨーロッパ言語版には数多く存在します。

今回は数の少ないアジア言語のカード、日本語版・韓国語版・中国語版をまとめて紹介します。

名前エラッタ(変更)のあったカード一覧

日本語版

仮面魔道士

「仮面魔導師」→「仮面魔道士」に変更されました。

初出の「Vol.5」のみ「魔導師」になっていますが、以降の再録では全て「魔道士」になっています。

現在は「魔導」カテゴリーが存在しますが、このカードは含まれません。

墓堀グール

「墓りグール」→「墓りグール」

初出の「Vol.3」と初回再録時の「幻の召喚神-PHANTOM GOD-」のみ土偏になっています。エラッタ後手偏になりました。

土偏の「堀」では意味が異なってしまうための変更だと思われます。



中国語版

強制脱出装置

「强制逃生装置」→「强制脫出裝置」

中国版は日本版で同じ単語であっても違う漢字が当てられる場合があり、全てのカードをカテゴリー名にエラッタするのは不可能だと思います。

こちらのカードは、「逃生」・「脫出」どちらも日本語で「脱出」の意味になるので、なぜ変更されたのかは分かりません。

中国版の公式カードはこちらで紹介しています。

韓国語版

ギアギアングラー

「기아기앙그라」→「기아기앙그라」

再録時に名前が変更されたカードです。

「ギアギ」と最後の「ア」が抜けているミスがあったため再録時に直されました。

真海皇 トライドン

「진해 트라이돈」→「진해 트라이돈」

変更前の名前だと「海皇」カテゴリーに含まれないため変更されました。

こちらは同じパックに収録されていますが、1st(初回生産版)とアンリミテッド(追加生産版)で名前に変更があることから、初回版はスペルミスだったのではないかと思われます。

ローズ・バード

「로즈 버드」→「로즈 버드」

こちらも1st(初回生産版)とアンリミテッド(追加生産版)で名前に変更がありますが、このカードより前に登場していた「ブルーメンブラット」と同じ名前になっていたため、区別するために名前が変更されました。

全く同じ名前のカードになっていたみたいですね。

CNo. 102 光堕天使ノーブル・デーモン

「CNo102 언홀리 라이트닝 노블 데몬」→「CNo.102 다크 라이트닝 노블 데몬」

こちらも1st(初回生産版)とアンリミテッド(追加生産版)で名前に変更がありますが、変更前の名前では「光天使」のカテゴリーに含まれてしまうため、変更されました。

六武ノ書

「여섯 무의 서」→「여섯 무의 서」

変更前の名前だと「六武衆」カテゴリーに含まれてしまうため、変更されました。

こちらはアンリミテッド版に変更前・変更後の2種類が存在します。

デモンズ・チェーン

「데즈 체인」→「데즈 체인」

再録時に変更されました。

変更前の名前だと「デーモン」カテゴリーに含まれてしまうため変更されました。



その他

これらのカードを大会などで使用する場合は、変更前のカードであっても変更後のカード名として扱います。

アジア圏のカードは変更前と変更後でそこまで大きな変化のあるカードがなく、あまり支障はありませんが、英語版やヨーロッパ言語のカードは大きな変化のあるカードが存在するので、名前変更のあったカードを使用する場合は覚えておいた方が良いでしょう。

また、これらのカードはエラーカードではなく、エラッタされたカードとして扱われます。(同じパックに収録されている場合はエラーカードと捉えることもできますが・・・)

同じパックに収録されていて、名前ではなくイラストの異なる日本語のカードはこちらで紹介しています。

まとめ

普段日本語版のカードで遊んでいる方がほとんどだと思いますので、他言語カードのエラッタなどはあまり日本では有名ではないみたいですね。

特にカテゴリーの問題でエラッタされるカードが多いみたいです。

今回はアジア言語のカードを紹介しましたが、今後は英語版やヨーロッパ言語のカードも紹介する予定です。

関連記事

【遊戯王】公式デュエルで使用できないカード一覧まとめ【画像付き】

何故かネタにされる世界大会準優勝賞品カード

世界に1枚しかない遊戯王カード『偉大なる戦士タイラー』の現在

【画像付き】遊戯王ネタカード一覧まとめ【これだけ知っとけば大丈夫】

なぜ遊戯王カードは株と言われるのか?【事例を用いて解説】

【世界に6枚】「音響兵器ローレライ」ってどんなカード?【遊戯王】