【レアリティごと】青眼の亜白龍の相場・買取値段一覧まとめ【比較】

映画のプロモーションカードとして登場した『青眼の亜白龍』ですが、現在6種類のレアリティが存在します。

以前はパックに収録されていたのは1種類のみ、他の3種類は全てプロモーションカードということもあってどのレアリティも高額になっていました。

しかし、2019年2月9日に発売された『20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION』に再録されたことで以前と比べ入手しやすくなり、既存のレアリティも少し値段が下がっているみたいです。

今回は『青眼の亜白龍』のレアリティごとの相場・買取値段などをまとめました

  • ここで紹介している入手難度は値段の高さなどではなく、ショップやネットオークション、フリマアプリなどでの美品の流通量を指しています。
  • ここでは美品の相場を紹介しているので、状態によっては記載額より安く購入することも可能です。
  • カードの値段は時期によって変わります。あくまで目安として参考にして下さい。

『青眼の亜白龍』相場・値段一覧

シークレット

青眼の亜白龍

価格 約8万円
入手難度

2017年8月12・13日開催『World Championship 2017』来場者記念プロモカード
型番は「2017-JPP02」

『World Championship Series 2017』の来場者プレゼントとして1,200枚限定で配布されたカードです。

その後、色々なキャンペーンなどで少しずつ再配布されていますが、それらを合わせても合計約2,400枚とプロモカードの中でもずば抜けて配布枚数が少なく大変希少なカードです。

配布当時は10万円を超える相場となっており、一時期は1枚15,6万円程となっていましたが、同レアリティのカードが市販パックに再録されたこともあり最近は下降気味です。

ちなみに、同じく『World Championship 2017』来場者記念プロモカードである「ブラック・マジシャン・ガール」は同レアリティでの再録がないため、相場は上昇傾向にあります。

青眼の亜白龍

価格 約1,500円
入手難度

2019年2月9日発売『20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION』収録
型番は「20TH-JPC54」

発売以前は前述したプロモカードにしかシークレットレアが存在しませんでしたが、再録されたことでシークレットレアでも入手しやすくなりました。

初動相場と比べると若干安くなっていますが、シークレットレアは人気が高いため、他のレアリティと比べるとあまり相場が変化していない印象です。

青眼の亜白龍

価格 約1,500円
入手難度

2020年1月11日~配布『20th シークレットレア FINAL CHALLENGE PACK』収録
型番は「20CP-JPF01」

シークレットレアとして2回目の再録ということもあり、前述した「20TH-JPC54」と相場もほぼ同じとなっています。

20thシークレット

青眼の亜白龍

価格 約4万円
入手難度

2020年1月11日~配布『20th シークレットレア FINAL CHALLENGE PACK』収録
型番は「20CP-JPF01」

情報解禁時から高額になることが予想されていましたが、案の定高額になっています。

相場が安定していませんが、初動相場は1枚3~4万円程です。

今後の相場変化に注目です。

ホログラフィック

青眼の亜白龍

価格 約3,500円
入手難度

2018年2月10日発売『RARITY COLLECTION -20th ANNIVERSARY EDITION-』収録
型番は「RC02-JP000」

2019年2月9日以前、唯一市販のパックで入手することのできた『青眼の亜白龍』です。

ちなみに2018年9月頃は1枚6,000円程が相場であり、現在の約2倍の値段でした。

KCウルトラ

青眼の亜白龍

価格 約2,500円
入手難度

2016年9月24日~上映『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS 4DX・MX4D』入場者プロモカード
型番は「MVPC-JPS00」

4DXの鑑賞価格は、

  • TOHOシネマズ3,000円
  • ユナイテッド・シネマ2,800円

でした。

地域にもよりますが、早いところで上映3日目には特典カードの在庫が無いところもあったみたいです。

全国合計5万枚限定です。

限定枚数の配布であり以前は高額でしたが、さらに配布枚数の少ない型番が登場したこともあり、現在は最高額時の約1/4,5程の相場となっています。

KCレア

青眼の亜白龍

価格 約1,000円
入手難度

2015年12月12日発売『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』前売り券特典プロモカード
型番は「MVPC-JP000」

前売り券の価格は、

  • 一般1,500円
  • 小人900円

だったので、小人用の前売り券を大量に購入している人が目立ちました。

全国合計20万枚限定です。

高い時は1枚4,000円を超えている時期もありましたが、他のレアリティも増えてきたことにより相場は落ち着いています。

ウルトラパラレル

青眼の亜白龍

価格 約800円
入手難度

2019年2月9日発売『20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION』収録
型番は「20TH-JPC54」

「青眼の亜白龍」の中では最もリーズナブルな価格となっています。

最近はKCレアの相場が下がってきており、ウルトラパラレルとKCレアにほとんど価格差がないため、これから『青眼の亜白龍』を使ったデッキを組みたい方にはウルトラパラレルかKCレアがオススメです。

『青眼の亜白龍』買取価格一覧


最新の「20CP-JPF01」を除き、以前と比べると買い取り価格もだいぶ安くなってきています。

また、Twitterなどでの買取情報も以前と比べて少なくなってきています。

まとめ

今回は『青眼の亜白龍』のレアリティごとの相場や買取価格をまとめました。

カードの状態によって価格に違いがあると思いますが、傷アリでも良い場合はもう少し安く入手できるかもしれません。

2018年6月9日に発売されたデュエリストパック -レジェンドデュエリスト編3-による『青眼の白龍』強化や、2019年2月9日に発売された20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTIONに新規収録された『青眼の究極亜竜』などにより需要が高まっていましたが、最近はその需要もいったん落ち着いたような印象を受けました。

今後も新しいレアリティの『青眼の亜白龍』が登場したら相場の情報を追加していきます。