【弱い!?】デメリット効果しかない遊戯王カード一覧まとめ【ネタ?】

遊戯王カードには優秀な効果を持つカードが沢山ある反面、「このカードどうやって使えばいいの?」と思わずにはいられないデメリット効果を持っているカードも沢山存在します。

そんな中から、今回はデメリット効果しか持っていないカードを紹介します。

一見弱そうなカード達ですが、他のカードと組み合わせることで強力なカードに化けることもあるので、面白いコンボなどを考えてみてください。

デメリット効果の種類

手札増減系

相手の手札を増やす効果・自分の手札を減らす効果しか持っていないカードです。

基本的に相手にドローさせることはデメリットですが、相性の良いカードに『便乗』などがあります。

自分の手札を減らす行為は「インフェルニティ」などと相性が良いはず・・・

大盤振る舞い侍

最大で7枚ものカードを相手にドローさせる効果です。

コントロールを相手に移して自分のドロー加速に使いたいところ。

悪魔の調理師

こちらは2枚ドローさせる効果です。

このカードを使った調理師エクゾデッキは有名ですね。

電動刃虫

攻撃力が高いので、その分つけられてしまったデメリット効果です。

D-HERO ディフェンドガイ

レベル4のモンスターでは最高の守備力を誇るため、デメリット効果ありになっています。

謙虚な壺

禁止カードである『強欲な壺』のパロディーカード。『精霊の鏡』などと相性が良いです。

謙虚な番兵

こちらも禁止カードである『強引な番兵』のパロディーカードですが、実用性はほとんどありません。

強欲な贈り物

『便乗』などと相性が良いです。

罰則金

暗黒界デッキやインフェルニティデッキと相性が良いと思いますが、このカードを優先する必要はなさそうです・・・

ライフ増減系

相手のライフを回復させる効果、自分にダメージを与える効果のみを持つカードです。

前者は『シモッチによる副作用』・『堕天使ナースーレフィキュル』・『活路への希望』などと相性が良く、後者は『マテリアルドラゴン』・『DDD反骨王レオニダス』などと相性が良いです。

燃える藻

フィールド・手札・デッキ・エクシーズ素材、どこからでも墓地へ行けば発動します。

ダーク・キュア

『堕天使ナースーレフィキュル』と同じゲームの特典カードなので、あらかじめコンボでの使用が想定されたカードです。

ギフトカード

単体ではデメリット効果のみですが、活路エクゾデッキやシモッチバーンデッキでは必須カードです。

破壊・自壊系

自分のカードや、自身を破壊する効果のみを持つカードです。

可哀想ですが、初期や2期のレベル4高攻撃力モンスターはデメリット効果を付与されがちです。

魔導アーマー エグゼ

『メタモル・クレイ・フォートレス』とは種族の関係上相性が良いです。

しかし、このカードでなければならない決定打にはなりえません・・・

G・コザッキー

自壊+ダメージというデメリット効果が重複しているモンスター。

自分で使うより『超重武者ヒキャ-Q』などで相手に送りつける方が良さそうです。

ちなみにレベル4のモンスターの中で最高の攻撃力です。

女邪神ヌヴィア

ネタにされるほどに使いづらいカードです。

自壊+数値ダウンと、こちらもデメリット効果が重複しています。

ボアソルジャー

こちらも『女邪心ヌヴィア』と同じく自壊+数値ダウンのデメリット効果が重複しているモンスターです。

上記2枚は『機皇帝』や『補給部隊』と相性が良いです。一応・・・

怒れる類人猿

『サイバー・ドラゴン』登場以前は優秀なアタッカーでしたが、その後『ジエネティック・ワーウルフ』の登場もあり、デメリット効果の目立つカードになってしまいました。

誤爆

デメリット効果ですが、うまく使えれば化けるかもしれないカードです。

攻撃・守備系

攻撃する前・した後、攻撃された際に発動するデメリット効果のみを持つカードです。

こちらも初期や2期のレベル4高攻撃力が多いです。

ゴブリン突撃部隊

攻撃後に守備表示なるモンスターの代表格です。

ゴブリンエリート部隊

『ゴブリン突撃部隊』を使うかこのカードを使うか迷うところですね・・・

不屈闘士レイレイ

『守護霊アイリン』のユニオン効果でデメリットを無くせます。

同じ獣戦士族である『神獣王バルバロス』とは種族サポートに加え『スキルドレイン』との相性が良いです。

ジャイアント・オーク

『セコンド・ゴブリン』のユニオン効果でデメリットを無くせます。

闇属性という部分が同じデメリット効果を持つモンスターとの差別点であり、『魔のデッキ破壊ウイルス』や『悪夢再び』に対応しいる点は見逃せません。

アックス・ドラゴニュート

闇属性・ドラゴン族と恵まれているので、デッキコンセプトに合えばデメリットも気にならないでしょう。

フォトン・クラッシャー

同じレベル・属性・攻撃力でデメリット効果のない『アレキサンドライドラゴン』が存在するので、基本的には優先する理由がありません。

『輝光帝ギャラクシオン』の効果と相性が良いです。

地雷蜘蛛

コイントスに失敗すればライフを半分失う効果は厳しいですが、『巨大化』と相性が良く、ライフが減れば攻撃力が倍になる可能性あります。

漆黒の豹戦士パンサーウォリアー

アニメでは城之内が『スケープゴート』を生け贄に攻撃するシーンが何度もあったと思います。

ダーク・エルフ

このカードが元祖デメリット効果持ちのレベル4高攻撃力モンスターです。

ナチュル・スパイダーファング

自分のターンに相手が効果を発動しないと攻撃できないため、なかなか使いづらいカードです。

ダーク・ヒーロー・ゾンバイア

直接攻撃できない+数値ダウンのデメリット効果が重複しているモンスターです。

闇の芸術家

なぜかピンポイントでデメリット効果を付与されてしまったカードです。

霞の谷のファルコン

デメリット効果ですが、使い方によっては相当強いカードです。

『安全地帯』や『強化蘇生』など永続カードと相性が良いです。

カラクリ無双 八壱八

表示形式の変更をトリガーに発動する効果が多いカラクリデッキでのみ採用の余地ありです。

ビッグシールドガードナー

D-HERO ディフェンドガイ』が登場するまでレベル4で最高の守備力を持っていました。そのためデメリット効果を付与されてしまいました。

数値ダウン系

特にメリットもなく自身の攻撃力や守備力を下げる効果のみを持っているカードです。

『あまのじゃくの呪い』などと相性が良いです。

秒殺の暗殺者

デュエルリンクスでは一時期重宝されていたカードですが、OCGでは使いづらいカードです。

アーマード・フライ

レベル3のモンスターの中では最高の攻撃力を誇ります。

昆虫デッキではそれなりに優秀なアタッカーになりそうです。

勇気機関車ブレイブポッポ

攻撃力が高いので攻撃宣言さえしなければ壁にはなりそうです。

通常召喚不可系

レアメタル・ドラゴン

通常召喚できない効果のみを持つ珍しいカード。

『ゲートウェイ・ドラゴン』や、同パックに収録されていた『ファミリア・ナイト』と相性が良いです。

その他

遅すぎたオーク

こんな効果ですが、海外での初登場時はシークレットレアでした。

大寒気

禁止カードである『大寒波』のパロディーカード。

『虚無空間』や『精霊の鏡』などと相性が良いです。

シエンの間者

自分のモンスターを相手に与えるだけのデメリット効果ですが、上述した『大盤振る舞い侍』や『悪魔の調理師』を相手に送りつけて自分のドロー加速に使えたりします。

不運なリポート

『バトルマニア』や『地獄詩人ヘルポエマー』などと相性が良いです。

撤収命令

『マジカルシルクハット』などと相性が良いです。

まとめ

ネタ的には『スクラップ・コング』なども紹介したかったのですが、メリット効果もあるカードを紹介し始めるとキリがないので今回は省きました。

レベル3,4で攻撃力・守備力のどちらかのステータスが高いカードにはデメリット効果があるみたいですね。

ちなみに、デメリット効果のみのカードはノーマルレアのカードが多く、今回紹介したカードでは、

  • 『大盤振舞侍』
  • 『ダーク・ヒーロー ゾンバイア』
  • 『ギフトカード』
  • 『誤爆』
  • 『罰則金』
  • 『大寒気』
  • 『不運なリポート』
  • 『撤収命令』

8種類がノーマルレアでした。

パロディーカードはノーマルレアになることが多いので、他のノーマルレアが優秀な場合はちょっとガッカリしますね・・・

あまり増えることはないと思いますが、今後新規でデメリット効果のみのカードが登場したら追加していきます。