【遊戯王】エスパー絽場が使用したカード一覧まとめ【デッキ】

エスパー絽場

原作でエスパー絽場が使用したカードをまとめてみました。

50音順で紹介しています。

また、原作コミックス1巻~38巻で登場したカードのみです。Rシリーズや特別読み切りなどのカードはまとめていません。

エスパー絽場が使用したカード一覧

モンスターカード

全4種類

  • 効果モンスター4種類

人造人間サイコ・ショッカー

初登場・155話 vsダイナソー竜崎

原作ではレベル7であり、相手のみ罠カードが使えなくなる効果でした。

そのため、カード化にあたりレベルは下がりましたが、効果は弱体化されたモンスターです。

人造人間サイコ・ショッカー

サイバー・レイダー

初登場・156話 vs城之内克也

原作では通常モンスターでした。

サイバー・レイダー

魔導ギガサイバー

初登場・156話 vs城之内克也

原作では通常モンスターでした。

アニメでは城之内も使用しています。

魔導ギガサイバー

リフレクト・バウンダー

初登場・158話 vs城之内克也

原作でのカード名は「リフレクト・バウンダー」のみですが、エスパー絽場が召喚時に「魔鏡導士リフレクト・バウンダー」と発言しています。

リフレクト・バウンダー

魔法カード

催眠術

登場・155話 vsダイナソー竜崎

原作では「敵モンスターを眠らせ攻撃力を800ポイント減少させる」という効果でした。

原作では海馬もこのカードを使用しています。

催眠術

洗脳ーブレインコントロール

登場・157話 vs城之内克也

原作ではノーコストで相手モンスターのコントロールを奪取することができました。

原作では闇遊戯も使用しています。

洗脳ーブレイン・コントロール

電脳増幅機

初登場・158話 vs城之内克也

原作では「サイコ・ショッカーに装備することで攻撃力500ポイントUP 毎ターンごとにさらに300ポイント攻撃力がUPする」という効果でした。

カード化にあたり、原作の「人造人間サイコ・ショッカー」の効果を再現する「自分は罠カードの発動が無効にならない」という効果を持っています。

 

電脳増幅機

罠カード

精神操作

初登場・157話 vs城之内克也

原作では罠カードであり、「敵モンスター1体のコントロールを得る 2ターン後に破壊」という効果でした。

精神操作

まとめ

「洗脳ーブレインコントロール」や「精神操作」などの強力なコントロール奪取カードを使用していました。

エスパー絽場は、原作での登場シーンやデュエルシーンが少ないため、使用したカードは少ないですが、全てカード化しています。

アニメでは他のカードも使用していますが、また別の機会に紹介します。