本物の『ブラックマジシャンガール』は何枚存在するの?値段は?

遊戯王カードの中で1番のアイドルカードといえば『ブラック・マジシャン・ガール』ですよね。

その『ブラックマジシャンガール』は元々大会限定のプロモーションカードでした。

後に市販のパックにて再録されますが、再録されたモノには「Replica」の表記があり、
大会で配布されたモノは「本物」と呼ばれたりしています。

今回は通称「本物」のブラックマジシャンガールが世界に何枚出回っているのか、また値段・相場はどれくらいなのかをご紹介します。

本物のブラックマジシャンガールとは

「本物」のブラックマジシャンガールは2種類存在します。

『「遊戯王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨」公式大会 ストリートデュエル レジェンド オブ パワー』にて配布されたモノです。

優勝者にはシークレットレアとレアそれぞれ1枚・入賞者(2位~8位)にはレアが配布されました。

シークレットレア

シークレットレアのブラックマジシャンガールは『シクガール』などと呼ばれることもあります。

型番は「G3-11」です。

優勝賞品なので希少価値が高いです。

レア

こちらは入賞賞品として配布された字レアのモノですが『レアガール』とは呼ばれていないようです。

型番はこちらも「G3-11」です。

こちらも近年高騰傾向にあります。

Replicaのブラックマジシャンガールとは

Replica表記のあるブラックマジシャンガールは2001年1月18日に発売された
PREMIUM PACK 4」に封入されているもので、本物と同じフォーマットのものです。

こちらの型番は「P4-01」です。

ウルトラレアなので字レアより価値がありそうですが、こちらは市販されたモノなので値段は全く異なります。

入手方法と存在する枚数

先ほど、『「遊戯王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨」公式大会 ストリートデュエル レジェンド オブ パワー』で配布されたと言いましたが、具体的にどのように配布されたか見ていきましょう。

ちなみに「遊戯王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨」はゲームボーイカラーのゲームソフトです。

2000年7月25日から8月27日までSD(ストリートデュエル)大会が全国の開催店舗で開かれた。予選は店舗ごとに違うが、決勝は8人で行うトーナメント形式になっていた。優勝者にはシークレットレア、レア仕様の「ブラック・マジシャン・ガール」が各1枚ずつ、上位入賞者7名にはレアのブラック・マジシャン・ガールが配られた。

引用:遊 戯 王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨 – Wikipedia

ウィキペディアにはこのように書かれていました。

当時の情報はインターネット上にも中々ないので詳細は分かりませんが、シークレットレアは300枚、レアは2400枚と言われています。
この枚数も大体と言われているので正確な枚数ではありません。

全国の開催店舗が300店あったのか、期間内に同一店舗にて複数回行われていたのかは不明です。

大会で配布されたモノには台紙と封筒がついており、優勝賞品にはブラックマジシャンガール柄のコインも付属されていました。

また、大会開催後に発売されたジャンプ・Vジャンプでの応募抽選もありました。
その際にシークレットが100枚、レアは400枚追加で生産されています。

さらに2018年3月24日に発売された「スターターデッキ2018」の初回限定盤秘蔵カードとして、当時生産されたシークレットレアのモノが10枚封入されました。

なので、シークレットレアは410枚、レアは2800枚程度存在すると思われます。

ヤフオク:ブラックマジシャンガール シク G3-11 台紙 ポスター シクガール※リンク切れてます

こちらは以前ヤフオクで出品されていた当時の大会告知ポスターです。
参加人数など会場によって異なっていたようですね。

追記1:
『スターターデッキ2018』は日本版とアジア版が存在し、それぞれ10枚封入されたという情報もありますので、その情報が正確な場合シークレットレアは420枚ほどあると思われます。

追記2:
500枚プレゼントは『週刊少年ジャンプ2001年46号』・『Vジャンプ2001年12月特大号』で応募企画がありました(wikiには載っていないみたいです)。合同企画なのでそれぞれ500枚ずつではなく、両雑誌合わせて500枚だと思われます。応募の際にレアリティは選べず、500枚の中から100枚はシークレット・400枚はレアといった感じでどちらが当たるかは分かりません。当選者は『週刊少年ジャンプ2002年3・4合併号』で発表されています。

相場・価格

それぞれの枚数を紹介したところで相場・価格について見ていきましょう。

シークレットレア

シークレットレアは圧倒的に枚数が少ないので、ものすごく高いです。


秘蔵カードの10枚は透明な袋に入った未開封のモノなので、すごい価格で買い取りをされているショップがいくつもあります。

秘蔵カードが出る前にもこれくらいの値段で買い取りを行っているショップもありました。
現在の相場は100万~150万円くらいだと思われます。

ショップによってばらつきがありますが、2019年現在の相場は130万~180万円くらいだと思われます。

傷アリの場合はもう少し安く購入できると思いますが、それでも100万円前後~にはなるでしょう。

レア

字レアはシークレットレアと比べても枚数が多いので、さすがに上記のような値段にはなりませんが、それでも高額となっています。

現在の相場は12万~15万円くらいでしょうか?

上で紹介したのは2018年2,3月のツイートですが、最近は少しずつ値段が上がってきています。

現在の相場は15万~20万円くらいだと思われます。

こちらは2018年のツイートですが、2019年現在ではさらに値段が上がっているみたいです。

買取で18万円となっているショップもあり、ショップによってばらつきも見られますが、美品の場合2019年現在の相場は16万~22万円くらいとなっています。

傷アリなど、美品でない場合は10万~くらいで購入できると思われます。

dark magician girl
今後も高騰が予想されるので、コレクターの方は今のうちに買っておいて損はないでしょう。

まとめ

今回はブラックマジシャンガールの種類と存在枚数、相場・価格について紹介しました。

ブラックマジシャンガールは、遊戯王に詳しくない人でも知っている有名なモンスターなので、今後も何か面白い情報があればお伝えします。

また、最近では偽物のブラックマジシャンガールがヤフオクやメルカリに出品されることがありますので、個人取引での購入には注意してください。

>>偽物のブラックマジシャンガール(G3-11)の見分け方はこちら

 

また、別のイラストのブラックマジシャンガールの値段・相場もまとめています。

>>ブラックマジシャンガールの種類ごとの値段・相場まとめはこちら

おまけ

ブラックマジシャンガールの効果は、

このカードの攻撃力は、お互いの墓地の「ブラック・マジシャン」 「マジシャン・オブ・ブラックカオス」の数×300アップする。

ですが、『「遊戯王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨」
公式大会 ストリートデュエル レジェンド オブ パワー』の告知段階(紹介したポスターより以前)では、

自分と相手の墓地にある魔法使い族モンスターの数だけ、攻撃力が200ポイントアップする。

という効果でした。

またイラストやカラーも現在のモノとは異なっていました。

こちらはDDMの特典カードですが、告知段階ではこのイラストになっていました。
また、衣服が赤紫色主体のカラーリングでした。

こちらが告知段階で公開されたカードイメージです。

こちらのイラストも良いですね。