【言語別】海外版の万物創世龍を収録しているパックや相場を紹介!【遊戯王】

【言語別】海外版の万物創世龍を収録しているパックや相場を紹介!【遊戯王】 サムネ

一種の記念カードとして登場し、遊戯王OCGの中でも特別なカードとして知られる「万物創世龍(テンサウザンド・ドラゴン)」

遊戯王OCGの10,000種類目のカードとして「10,000」を意識してデザインされ登場したカードですが、日本版だけでなく海外版にも存在しています。

ここでは、「万物創世龍」の相場や収録しているパックを言語別にまとめて紹介しています。

「万物創世龍」を収録しているパック一覧

日本版

IGNITION ASSAULT

イグニッション・アサルト

2019年10月12日発売

全言語の中で最も早く「万物創世龍」が登場したパックです。

20thシークレットレアのカードも収録しており、絶版となった現在では未開封BOXにプレミア価格が付いています。

アジア版

IGNITION ASSAULT

イグニッション・アサルト

2019年10月12日発売

アジア圏に向けて製造・販売されている日本語表記のアジア版です。

収録内容は日本版と同じなので、「万物創世龍」を収録しているパックとなっています。

日本国内では上述した日本版よりも流通量が少なく、日本版と比べて高額となっています。

韓国版

RISE OF THE DUELIST(라이즈 오브 더 듀얼리스트)

2020年7月25日発売

韓国版の「万物創世龍」は、前述までの『IGNITION ASSAULT』ではなく『RISE OF THE DUELIST』に収録されています。

初回限定版にのみ同梱されている『special pack』(日本版の+1ボーナスパックのようなパック)ではなく、通常のパックに封入されています。

英語版・ヨーロッパ版

BATTLES OF LEGEND: ARMAGEDDON

Battles of Legend: Armageddon

2020年7月24日発売
  • 英語版
  • イタリア語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • スペイン語
  • ポルトガル語

上記6言語版の「万物創世龍(Ten Thousand Dragon)」は、それぞれの言語版の『BATTLES OF LEGEND: ARMAGEDDON』に収録されています。

こちらのパックにはアストラル語表記の「No.39 希望皇ホープ」がスターライトレア(日本版で言うプリズマティックシークレットレア)で収録されており、「万物創世龍」と合わせてどちらも高額になっています。

「万物創世龍」の相場一覧

2021年現在「万物創世龍」の言語ごとの相場は以下のようになっています。

日本版以外を取り扱っているショップは少ないため、流通量の少ない言語に関しては相場があって無いようなものですが、状態や時期によって幅が見られます。

言語1枚の相場
日本版23~28万円
アジア版25~32万円
韓国版5~8万円
英語版12~16万円
イタリア版12~16万円
フランス版12~16万円
ドイツ版12~16万円
スペイン版25~35万円
ポルトガル版25~35万円

他のカードと同様、韓国版は日本版と比べると安くなる傾向にあり、全ての「万物創世龍」の中でも最安となっています。

また、スペイン版・ポルトガル版は特に流通量が少ないと言われており、他の言語と比べると高額で取り扱っているショップも見られました。

上記ツイートのように、国内のカードショップにも海外版が入荷することがあります。

高額カードゆえにカードショップもTwitterに載せることが多いため、興味のある方はTwitterなどで検索してみると良いかもしれません。

まとめ

今回は「万物創世龍」を収録しているパックや言語別の相場を紹介しました。

1パックの値段が日本版と比べて安い関係上、韓国版の「万物創世龍」を狙う方も多いと思います。

しかし、特に韓国版は収録パックを間違えやすく、韓国版の『IGNITION ASSAULT』を購入してしまいがちなので注意してください。

今後10000シークレットレアでの再録の可能性はほとんどないと思われますので、興味のある方は早めの購入がオススメです。

紹介している商品一覧まとめ

このページで紹介した「万物創世龍」を収録しているパック一覧です。

※表は右にスライドできます。