世界に1枚しかない遊戯王カード『偉大なる戦士タイラー』の現在

遊戯王カードには世界で1枚しか存在しないカードが何枚かあります。

その中でも有名なカードが『Tyler the Great Warrior』、日本語名は『偉大なる戦士タイラー』です。

このカードは「難病と闘うこどもが持つ夢の実現の手伝いをすること」を目的とするボランティア団体「Make-A-Wish」が、当時遊戯王TCGを販売していた「Upper Deck」社と共同で制作したカードです。

このカードが制作された理由や経緯、現在どこにあり誰が所持しているのかなど紹介します。

制作理由や経緯

アメリカに「タイラーグレイス」という一人の少年がいました。

彼は2001年10月15日、「未分化肉腫」とよばれる稀な肝臓癌と診断されました。
「未分化肉腫」は助かる可能性が低いと言われている難病です。

タイラーさんと彼の家族がこの難病と闘っていると知った「Make-A-Wish」は、「遊戯王カードをデザインしたい」という彼の夢を実現させるため「Upper Deck」社とプロジェクトを組みます。

その際にデザインされたのがこの『偉大なる戦士タイラー』でした。

タイラーさんと彼の家族は当時アニメ『Yu-Gi-Oh!』の放送権を持っていた『4Kids Entertainment』の関係者とニューヨークで会い、そこで『偉大なる戦士タイラー』をデザインしたとされています。

このカードは2005年8月5日に公開されタイラーさんに渡されました。

そのため、『偉大なる戦士タイラー』はタイラーさんのために制作された世界に1枚しか存在しないカードとなっています。

遊戯王カード史上このような例は他になく、大変貴重なカードの1枚です。

その後、タイラーさんは難病を克服しました。

現在

その『偉大なる戦士タイラー』のカードですが、タイラーさんが病気を克服したという情報以降、表に出てくることがなくなりました。

そのため、流出した可能性や紛失した可能性も考えられ、買い取り価格を提示するショップまで現れました。

しかし、2015年にタイラーさん本人がこのカードを所持していることがInstagramで明らかになりました。

Tonyさん(@asianyensation)がシェアした投稿

この投稿はタイラーさん本人のアカウントではなく、別の方がタイラーさんにインタビューした時の写真です。

インタビューでは、

  • 現在タイラーさんは遊戯王で遊んでいないこと
  • 偉大なる戦士タイラー』は貰った時から写真のケースに入れて保管しているため、状態はパーフェクトであること
  • 貧しく仕事を失ったばかりなので、このカードを$75,000以上(2018年4月現在では約811万円以上)で買うというメッセージがフェイスブックに送られてきて迷っていること
  • 病気克服後の考え

などを語っています。

また2017年4月4日に投稿された海外のインタビュー記事では、
まだ『偉大なる戦士タイラー』を所持しているが売ることも考えている。今までで一番高額なオファーは$150,000(約1623万円)だったと語っています。

2018年現在もタイラーさんが持っていると良いですね。

まとめ

自分でデザインした世界に1枚しか存在しないカードを手放すのは、仮に管理人(炎)がその立場で1600万円で買うと言われても考えますね・・・

1度はこのカードを生で見てみたいものです(多分無理・・・)(笑)

今後は他の世界に1枚しか存在しないカードを調べていきますのでお楽しみに

世界に数枚しかないカードはこちら



オススメ記事

関連記事

何故かネタにされる世界大会準優勝賞品カード

【画像付き】イラスト変更があった遊戯王カード一覧まとめ【エラーカード?】

【遊戯王】公式の中国語版商品を全種類紹介!!【画像付き】

【遊戯王】日本語が書かれているカードの海外版イラストまとめ【画像付き】

【画像付き】英語版で変な名前にされた初期カード一覧まとめ【遊戯王】

偽物の『ブラックマジシャンガール』(G3-11)の見分け方【遊戯王カード】