遊戯王で高額なレアスリーブTOP3

カードを保護する役割を持つスリーブですが、カード以上の値段がつくスリーブも沢山存在します。

今回は、遊戯王の公式スリーブの中で値段が高いモノTOP3を紹介します。

カードでも同じことが言えますが、スリーブは流通数の少なさで相場が決まることが多く、昔のスリーブほど値段が高くなる傾向にありますが、そもそもの配布数が少ないモノも高額になりがちです。

今回は日本だけでなく、海外公式のモノも含んだTOP3となります。

WORLDCHANPIONSHIP2012 juniorwinner TAIWAN
2012年台湾で行われた「DragonDuel World Championship 2012」にて配布されたスリーブです。「チュートリアルセッション」「ミニトーナメント」「チャンピオンイベント」にて100枚入りで配布されました。
アジア版のスリーブの中では間違いなく1番人気のスリーブです。アジア版のスリーブは印刷ズレなどが目立つため、厳選されたセットでの出品をよく見かけます。100枚未開封での出品は少なく、相場は5万円前後くらいだと思います。全く出品がないわけではないので、入手はそこまで難しくないでしょう。

オベリスクブルースリーブ
通称『オべブルスリーブ』日本国内で発売・配布されたスリーブの中では最も希少で高額なスリーブです。2006年12月1日~2007年2月28日に行われていた「DuelistKing Tournament」シーズンランキングで上位入賞者に配布されたモノです。
トーナメント後日、デッキケースとセットで発送されました。また2006年4月1日~2007年3月31日の年間ランキング上位入賞者にはプレイマットが発送されており、どちらも上位入賞した人には3点セットで発送されています。未開封のモノは大体20万~23万円になると思います。1枚単体の場合は1千~2千円程度です。

配布数は600セットと言われていますが、詳しい情報が少ないので現在調査中です。

またスリーブとデッキケースは袋に入った状態で発送されていますが、プレイマットはそのまま封筒に入っており、なおかつ紙製なので美品を見つけるのは難しいかもしれません。

これはスリーブなどと一緒に封筒に入っていた通知書です。

オベリスクブルースリーブは偽物らしきモノが出回っているという情報があるので、購入を検討している場合は注意してください。

>>偽物のスリーブについてはこちら

 

韓国版ヘルカイザースリーブ
「ヘルカイザースリーブ」は韓国版しか存在しません。「アカデミーデュエルディスク韓国版」に付属されていたモノです。一般発売されたモノですが、日本国内・韓国国内でもほとんど出回っておらず、入手が大変難しい状況になっています。
特に50枚セットの未開封品は出品されたこともないのではないかと思うくらい見かけません。それゆえ相場をつけようがありませんが、1枚単位で出品されることはたまにあるみたいです。相場は大体1枚1万円前後です。遊戯王公式のスリーブの中では間違いなく1番高額のスリーブと言えるでしょう。

下の方が切れてしまっていますが、韓国版の「アカデミーデュエルディスク」のセット内容です。
日本版の「アカデミーデュエルディスク」の売り上げが悪かったことは有名ですが、韓国版がどれくらい売れたのかは分かりません。

デュエルディスクの未開封品は入手できないと考えても良いと思うので、スリーブの出品を見かけたら値段によっては購入を検討してみてください。1枚持っているだけでもすごいと思いますので。

まとめ

今回は海外版も含めて高額なスリーブTOP3を紹介しました。

ここ最近の日本国内で発売される公式スリーブは高くなることの方が珍しく、比較的安く入手できると思うのであわてて購入する必要はなさそうです。

海外版のスリーブは大会などでの配布が多く市販されないモノが多いため、日本のモノと比べると値段が高くなりがちです。スリーブにもそれぞれ相場がありますので、購入される際は他の出品もよく確認してから購入することをオススメします。