【遊戯王】ステンレス製カード一覧まとめ【相場や買取価格も紹介】

遊戯王カードには通常の紙製カードではなく、ステンレス製のカードが存在します。

2019年現在では全7種類となっていますが、そのうち5種類はプロモーションカードとして配布枚数が少なく希少なカードです。

ここでは全てのステンレス製カードを紹介しています。値段相場や買取価格が付くカードはそちらも紹介しています。

ステンレス製カード一覧

ステンレス製のカードは2回の大会プロモ、1つの商品に収録されています。

全国大会入賞プロモーションカード

1999年2月21日に東京の銀座で開催された「ゲームボーイ『DMⅠ』全国大会」にてトーナメント上位入賞4人に配布されたプロモーションカード。

ステンレス製カードの他、原作者の高橋和希先生書き下ろし色紙も入賞者4人に渡されています。

カオス・ソルジャー

優勝者のみに配布された世界に1枚しかないカード。

以前ネットショップで9億9800万円で販売されていた時期があり、そのことがまとめサイトなどで話題となったカードです。

当時販売していたネットショップは閉鎖しているため、現在このカードがどこにあるかは不明です。(そもそもそのネットショップも本当に取り扱っていたのか怪しいですが・・・)

ゼラ

優勝者と準優勝者に配布された世界に2枚しかないカード。

スーパー・ウォー・ライオン

上位3人に配布された世界に3枚しかないカード。

デビルズ・ミラー

上位4人に配布された世界に4枚しかないカード。

 

この「ゲームボーイ『DMⅠ』全国大会」決勝の参加者・来場者合わせて約400人には、「女剣士カナン」が配布されています。

こちらはステンレス製のカードではありませんが、現在では希少価値があり高額なカードとなっています。

>>女剣士カナンについてはこちら

20th ANNIVERSARY DUELIST BOX 収録カード

2018年12月22日に発売された「20th ANNIVERSARY DUELIST BOX」に収録されているカード。どちらか1枚がランダムで封入されています。

20周年記念アイテムなので豪華な内容になっており、Amazonでも良い評価が多いみたいです。

青眼の白龍

初期イラストのブルーアイズです。

現在の相場は3000円~4000円ほどとなっています。

買い取り価格は2500円~3000円ほどです。

 

ブラック・マジシャン

初期イラストのブラック・マジシャンです。

現在の相場は1800円~2300円ほどとなっています。

買い取り価格を提示しているショップが少ないのですが、買取価格は大体800円~1500円ほどです。

YCS JAPAN OSAKA 2019 上位プロモーションカード

2019年5月11日に大阪で開催された「YCS JAPAN OSAKA 2019」の上位64人に配布されたプロモーションカード。

真紅眼の黒竜

上位64人に配布された世界に64枚しか存在しないカード。

今後の大会でも配布される可能性があるかも分かりませんが、2019年5月現在は64枚しか存在しません。

枚数の少なさからか相場は安定しておらず、配布されてスグの時より多少値段が上がっています。

配布後スグの相場は35万~45万ほどでしたが、現在は45万~60万円ほどとなっています。

買い取り価格は40万~50万円ほどのショップが多いです。

 

ステンレス製のカードは使えるの?

「ステンレス製のカードは実際のデュエルで使えるの?」と疑問に思う方もいると思いますが、ステンレス製のカードはもちろん使えません。

紙製のカードと比べてカードの厚みや重みなどが異なるため、スリーブに入れても違いが分かってしまうからです。

まとめ

今回はステンレス製のカードを全種類紹介しました。

本物のカオス・ソルジャーは今どこにあるのか知ってる人はいるのでしょうか?(笑)

これらのステンレス製のカードは基本的にコレクター向けのアイテムと言えるでしょう。

「ブルーアイズ・ホワイトドラゴン」と「ブラック・マジシャン」はプロモカードではないので入手は難しくなく、この2枚を並べるだけでも非常に見栄えの良いコレクションになるのでオススメです。