【画像付き】「バリアー○○フォースー」シリーズ全種類+α一覧まとめ【遊戯王】

ミラーフォース一覧サムネ

遊戯王には「バリア」シリーズと呼ばれるカードが存在します。

カード名が「○○なバリアー××フォースー」となる、相手の攻撃をトリガーとして発動できる罠カード類であり、強力な効果を持っているため、多くのデュエリストが1枚は使ったことのあるカードではないでしょうか。

ここでは、「バリア」シリーズの罠カード全7種類を紹介しています。

その他、関連カードやアニメにのみ登場した関連カードも+αで紹介します。

「バリア」シリーズ一覧

現在「バリア」シリーズは全7種類存在します。

聖なるバリア -ミラーフォース-

聖なるバリア -ミラーフォース-

(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊する。
初出:2000年1月27日「Vol.7」収録

元祖「バリア」カードとして有名な1枚。

闇遊戯を始め、アニメ・漫画問わずに多くのデュエリストが使用しているカードです。

遊戯王のアニメシリーズ全作品に登場している珍しいカードでもあり、OCGでは禁止カードの経験もあることから、その強さは折り紙付きとなっています。

遊戯王カードで遊んだことのある人は誰でも知っていると言えるほど、知名度の高いカードでしょう。

英語名は「Mirror Force」

邪悪なるバリア -ダーク・フォース-

邪悪なるバリア -ダーク・フォース-

相手モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。相手フィールド上に守備表示で存在するモンスターを全てゲームから除外する。
初出:2003年4月24日「混沌を制す者」収録

闇属性をイメージしている「バリア」シリーズカード。

攻撃してきたモンスターは基本的に攻撃表示のため、このカードでは破壊できません。

使いどころが難しく、「バリア」シリーズの中では使いづらいカードの1枚です。

英語名は「Dark Mirror Force」

閃光のバリア -シャイニング・フォース-

閃光のバリア -シャイニング・フォース-

相手フィールド上に攻撃表示モンスターが3体以上存在する場合、相手の攻撃宣言時に発動する事ができる。相手フィールド上の攻撃表示モンスターを全て破壊する。
初出:2007年2月15日「FORCE OF THE BREAKER」収録

残念ながら「聖なるバリア -ミラーフォース-」の完全下位互換となってしまっている光属性をイメージした「バリア」シリーズカード。

このカードの登場時は「聖なるバリア -ミラーフォース-」が制限カードであったため、このような効果になったと思われますが、無制限カードとなった現在ではこのカードを使用する人もほとんどいないのではないでしょうか。

英語名は「Radiant Mirror Force」

神風のバリア -エア・フォース-

神風のバリア -エア・フォース-

(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て持ち主の手札に戻す。
初出:2015年4月25日「クラッシュ・オブ・リベリオン」収録

「聖なるバリア -ミラーフォース-」の破壊がバウンスに変わった、風属性をイメージした効果となっているカード。

特にエクストラデッキから出てきたモンスターに対しては、破壊よりもバウンスの方が有利に働く場合があるため、こちらを優先的に採用するのもありだと思います。

英語名は「Storming Mirror Force」

業炎のバリア -ファイヤー・フォース-

業炎のバリア -ファイヤー・フォース-

(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊し、自分はこの効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力を合計した数値の半分のダメージを受ける。その後、自分が受けたダメージと同じ数値分のダメージを相手に与える。
初出:2015年7月18日「ディメンション・オブ・カオス」収録

炎属性をイメージしたバーン効果を持つ「バリア」シリーズの1枚。

自分が先にダメージを受けるため、自分のライフポイントによっては発動できない場合もあったりと、こちらも少々使用しづらいカードです。

英語名は「Blazing Mirror Force」

砂塵のバリア -ダスト・フォース-

砂塵のバリア -ダスト・フォース-

(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て裏側守備表示にする。この効果で裏側守備表示になったモンスターは表示形式を変更できない。
初出:2015年10月17日「ブレイカーズ・オブ・シャドウ」収録

「聖なるバリア -ミラーフォース-」の破壊が表示形式変更に変わった、地属性をイメージした「バリア」シリーズの1枚。

裏側になったモンスターは表示形式の変更ができなくなるため、状況によっては破壊よりも有効になる場合があります。

英語名は「Quaking Mirror Force」

波紋のバリア -ウェーブ・フォース-

波紋のバリア -ウェーブ・フォース-

(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て持ち主のデッキに戻す。
初出:2016年1月9日「シャイニング・ビクトリーズ」収録

水属性をイメージした「バリア」シリーズの1枚。

直接攻撃時にしか発動できないため、他の「バリア」シリーズと比べると発動の機会が少ないですが、それゆえにデッキへバウンスという強力な効果を持っています。

英語名は「Drowning Mirror Force」

「バリア」シリーズ関連カード

ミラーフォース・ドラゴン

ミラーフォース・ドラゴン

このカードは「クリティウスの牙」の効果で自分の手札・フィールドの「聖なるバリア -ミラーフォース-」を墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。(1):自分フィールドのモンスターが攻撃対象に選択された時、または相手の効果の対象になった時に発動できる。相手フィールドのカードを全て破壊する。
初出:2015年5月16日「コレクターズパック-運命の決闘者編-」収録

パワーアップした「聖なるバリア -ミラーフォース-」を内蔵したモンスター。

アニメでは海馬の「クリティウスの牙」により、闇遊戯の「聖なるバリア -ミラーフォース-」と融合した姿として登場しました。

ミラーフォース・ランチャー

ミラーフォース・ランチャー

(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに手札からモンスター1体を捨てて発動できる。自分のデッキ・墓地から「聖なるバリア -ミラーフォース-」1枚を選んで手札に加える。(2):セットされたこのカードが相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。墓地のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の「聖なるバリア -ミラーフォース-」1枚を選び、そのカードとこのカードを自分フィールドにセットする。この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。
初出:2018年4月14日「CYBERNETIC HORIZON」収録

現在唯一の「聖なるバリア -ミラーフォース-」専用サポートカード。

これまで「聖なるバリア -ミラーフォース-」をサーチできるカードは少なかったため、このカードの登場により採用しやすくなったほか、前述した「ミラーフォース・ドラゴン」の特殊召喚がしやすくなるなど、メリットの大きいカードです。

アニメにのみ登場した「バリア」シリーズ関連カード

聖なる結界-ミラー・バインド

聖なる結界-ミラー・バインド<

自分フィールド上に「銀の式神-右京」「銀の式神-左京」が表側表示で存在する場合のみ、相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。そのモンスターを破壊し、そのモンスターより攻撃力の低い相手フィールドの表側表示モンスターを全て破壊する。
初出:2006年3月29日「GX第78話:最強タッグ!?十代&エド(前編)」放送回

斎王美寿知が使用したカード。

特定の条件下で「バリア」シリーズに類似した効果を発動できるカードです。

カード名も「聖なるバリア -ミラーフォース-」を意識したものとなっています。

異次元のバリア-ロスト・フォース

異次元のバリア-ロスト・フォース

相手のバトルフェイズ中に、自分フィールド上に存在するモンスターが戦闘による破壊以外でフィールド上から離れた場合に発動する事ができる。相手の攻撃モンスター1体の攻撃を無効にし、その攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。
初出:2010年2月24日「5D’s第98話:WRGP開催チーム5D’sVSチームユニコーン」放送回

チームユニコーンのアンドレが使用したカード。

相手のバトルフェイズ中に戦闘以外で自分のモンスターが破壊されていなければならないため、使用できるタイミングが非常に限られているカードです。

潔癖のバリア-クリア・フォース-

潔癖のバリア-クリア・フォース-

相手モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。このターンのバトルフェイズ時、相手フィールド上に存在する全てのモンスターの攻撃力は、魔法・罠・モンスター効果による攻撃力の変化を無効にして元々の攻撃力に戻る。
初出:2011年9月19日「ZEXAL第24話:魂のエクシーズ召喚!ZEXAL」放送回

主人公の九十九遊馬が使用したカード。

相手の攻撃をトリガーとしている点や、主人公が使用している点など「聖なるバリア -ミラーフォース-」と共通点が多いのも特徴的です。

しかし、実際には少し使いづらいカードでもあります。

蝉鳴くバリア-ミンミンフォース-

蝉鳴くバリア-ミンミンフォース-

自分フィールド上に「蝉」と名のついたモンスターが存在する場合、相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターを全て破壊する。
初出:2013年7月21日「ZEXAL第113話:新しき希望の力!!友情合体『アトランタルホープ』」放送回

蝉デッキを使用する蝉丸のデッキに入っていたカード。

効果自体は強力ですが、使用されることなく破壊されてしまいました。

インパクトの強いカード名から、多くのデュエリストに記憶されている有名なカードの1枚です。

その他の関連カード

異次元トンネル-ミラーゲート-

異次元トンネル-ミラーゲート-

自分フィールド上に表側表示で存在する「E・HERO」と名のついたモンスターを攻撃対象にした相手モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。相手の攻撃モンスターと攻撃対象となった自分モンスターのコントロールを入れ替えてダメージ計算を行う。このターンのエンドフェイズ時までコントロールを入れ替えたモンスターのコントロールを得る。
初出:2007年5月12日「TACTICAL EVOLUTION」収録

「ミラー」の部分や語呂などに多少「聖なるバリア -ミラーフォース-」への意識を感じられるカード。

アニメ「GX」にて主人公の遊城十代が使用したため、主人公つながりでカード名を意識している可能性がありそうです。

白銀のバリア-シルバーフォース-

白銀のバリア-シルバーフォース-

相手がダメージを与える罠カードを発動した時に発動する事ができる。その発動を無効にし、そのカードと相手フィールド上に表側表示で存在する魔法・罠カードを全て破壊する。
初出:2008年11月15日「CRIMSON CRISIS」収録

カード名こそ「バリア」シリーズと類似しているものの、発動のトリガーが相手の攻撃ではなく、効果ダメージを与える罠カードの発動となっているカード。

このカードのみカウンター罠ということもあり、基本的には「バリア」シリーズに含まれません。

こちらもアニメ「5D’s」にて主人公の不動遊星が使用したため、主人公つながりでカード名を意識している可能性があります。

聖なる鎧 -ミラーメール-

聖なる鎧 -ミラーメール-

自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターが攻撃対象に選択された時に発動する事ができる。攻撃対象モンスターの攻撃力は、攻撃モンスターの攻撃力と同じになる。
初出:2011年7月16日「PHOTON SHOCKWAVE」収録

「聖なるバリア -ミラーフォース-」を意識させるカード名となっており、相手の攻撃をトリガーとする部分にも類似点が見られます。

しかし効果自体に関連性はなく、こちらもアニメ「ZEXAL」の主人公である九十九遊馬が使用していることから、主人公つながりでカード名を意識していると考えられます。

まとめ

遊戯王には他にもカード名に「バリア」や「ミラー」が入るカードはありますが、基本的にはこの7種類が「バリア」シリーズにあたります。

元祖「バリア」カードである「聖なるバリア -ミラーフォース-」は特に人気が高く、公式の人気投票でも1期のカードの中で1位に選ばれるなど、今でも多くのデュエリストに愛されているカードです。↓