【画像付き】海外版ネームエラーカード一覧まとめ【遊戯王】

遊戯王には「エラーカード」と呼ばれるカードが存在します。

エラー内容は様々ですが、その中に「ネームエラー」と呼ばれるエラーがあります。

本来印刷されるカード名とは別のカード名が印刷されてるカードや、名前のみレアリティが異なっているカードなど、「ネームエラー」カードにも様々な種類が存在します。

今回は海外では割と流通している英語版のネームエラーカードを紹介します。

有名なカードからマニアックなカードまであるので、エラーカードに興味のある方は最後まで見てみてください。

海外版ネームエラーカード一覧まとめ

前述したように、ネームエラーカードにもいくつか種類がありますが、今回は、カード名が間違っているカード・カード名の印刷にミスがあったカードを紹介します。

別のカード名になっているエラーカード

E・HERO カオス・ネオス

英語版『Gladiator’s Assault』の1st Editionに収録されている「E・HERO カオス・ネオス」のホログラフィックレアに見られるエラーカードです。

型番は「GLAS-EN036」

カード名が「レインボー・ドラゴン」になっています。

1st Editionについてはこちらで紹介しています。

ドラゴン・アイス

こちらも英語版『Gladiator’s Assault』に収録されている「ドラゴン・アイス」のシークレットレアに見られるエラーカードです。

型番は「GLAS-EN084」

カード名が「スーパービークロイド-ステルス・ユニオン」になっています。

カオス-黒魔術の儀式

こちらは英語版『Premium Pack』に収録された「カオス-黒魔術の儀式」のシークレットレアに見られるエラーカードです。

型番は「PP01-EN002」

カード名が「マシュマロン」になっています。

「マシュマロン」は同じパックに収録されており、型番も「PP01-EN003」と隣のためにできてしまったエラーカードです。

ゲート・ガーディアン

型番「MRD-000」の「ゲート・ガーディアン」のシークレットレアに見られるエラーカードです。

カード名が「トライホーン・ドラゴン」になっています。

こちらは右下のホログラムがなく、実際のカードも四つ角が丸まっていません。

こちらはパックに封入されているエラーカードではなく、廃棄品が出回ったモノです。

そのため、英語版『Metal Raiders』を開封しても当たることはありません。

サウザンド・ドラゴン

型番「MRD-143」の「サウザンド・ドラゴン」のシークレットレアに見られるエラーカードです。

カード名が「竜騎士ガイア」になっています。

こちらも前述の「ゲート・ガーディアン」とカードの特徴が同じであり、廃棄品のみが出回っています。

そのため、英語版『Metal Raiders』を開封しても当たることはありません。

ヨーロッパ版『DARK BEGINNING 1』レアカード

ヨーロッパ版英語表記の『DARK BEGINNING 1』に収録されている字レアのカードに見られるエラーカードです。

字レア全31種類にカード名の間違っているカードが存在します。

詳しくはこちらで紹介しています。

 

カード名の印刷にミスのあるエラーカード

竜騎士ガイア

英語版『Legend of Blue Eyes White Dragon』のアンリミテッドエディションに収録されている「竜騎士ガイア」のシークレットレアに見られるエラーカードです。

型番は「LOB-125」

本来シークレットレアであるはずが、カード名のみウルトラレアとなっています。

トライホーン・ドラゴン

こちらも英語版『Legend of Blue Eyes White Dragon』のアンリミテッドエディションに収録されている「トライホーン・ドラゴン」のシークレットレアに見られるエラーカードです。

型番は「LOB-000」

こちらも前述した「竜騎士ガイア」と同様、本来シークレットレアであるはずがカード名のみウルトラレアとなっています。

※画像は用意でき次第掲載します。

マジシャンズ・ナビゲート

英語版『2017 Mega-Tin Mega Pack』に収録されている「マジシャンズ・ナビゲート」のシークレットレアに見られるエラーカードです。

型番は「MP17-EN110」

カード名にある「NAVIGATION」部分の2つ目の「A」のシークレット加工が逆になっています。「A」の中の三角形がシークレット加工されており、点のようになっています。

十二獣の会局

こちらも英語版『2017 Mega-Tin Mega Pack』に収録されている「十二獣の会局」のシークレットレアに見られるエラーカードです。

型番は「MP17-EN212」

前述した「マジシャンズ・ナビゲート」同様、カード名にある「BARRAGE」の2つ目の「A」のシークレット加工が逆になっています。

英語版『Tactical Evolution』レアカード

英語版『Collectible Tins 2007 Wave 2』に封入されている『Tactical Evolution』に収録されている字レア全18種類に見られるエラーカードです。

本来字レアのはずが、名前のみシークレットレアになっています。

字レアとシークレットレアの名前の加工は少し似ているため、今回紹介している他のエラーカードよりも少し地味なエラーカードです。

  • 「ハウンド・ドラゴン」:「TAEV-EN004」
  • 「ヴァリュアブル・アーマー」:「TAEV-EN022」
  • 「ネオスペース・コンダクター」:「TAEV-EN032」
  • 「E・HERO マリン・ネオス」:「TAEV-EN041」
  • 「スネーク・レイン」:「TAEV-EN052」
  • 「デュアル・サモン」:「TAEV-EN056」
  • 「召喚師のスキル」:「TAEV-EN057」
  • 「守護神の矛」:「TAEV-EN059」
  • 「戦線復活の代償」:「TAEV-EN060」
  • 「ダメージ=レプトル」:「TAEV-EN067」
  • 「蛇神の勅命」:「TAEV-EN068」
  • 「凡人の施し」:「TAEV-EN072」
  • 「マジック・キャプチャー」:「TAEV-EN076」
  • 「トラップ・キャプチャー」:「TAEV-EN077」
  • 「オーシャンズ・オーパー」:「TAEV-EN081」
  • 「サウザンド・アイズ・フィッシュ」:「TAEV-EN082」
  • 「マンモ・フォッシル」:「TAEV-EN086」
  • 「竜影魚レイ・ブロント」:「TAEV-EN087」

の全18種類です。

海外版ネームエラーカードの価値や価格は?

海外版のエラーカードは日本のエラーカードと比べると流通していますが、カード全体としてみるとやはり流通量は少なく、カードショップやネットショップ、オークションやフリマアプリでは高い値段が付くカードも多いです。

今回紹介したカードの中では、「E・HERO カオス・ネオス」や「ドラゴン・アイス」などは海外でも流通量があまり多くなく、状態にもよりますが数千円~数万円する場合もあります。

逆に、「マジシャンズ・ナビゲート」や「十二獣の会局」などは、大きなエラーではないこともあり、状態にもよりますが数百円~数千円で購入できる場合もあります。

海外版エラーカードはどこで入手できる?

海外版のエラーカードを取り扱っているカードショップは少ないため、オンラインショップやオークションでの購入が主となります。

 

こちらの記事ではエラーカードを取り扱っているサイトやショップを紹介していますが、海外版のエラーカードを購入する場合はセカイモンがオススメです。

海外のオークションサイト「eBay」に出品されている商品を日本語のページで購入することができます。また、購入後の手続きややり取りも日本語のサポートが付いているので、安心して取り引きすることができます。

海外版のエラーカードは日本での流通が少ないため、日本より流通している現地の出品者から欲しいエラーカードをピンポイントで購入できる点はとても便利です。

まとめ

今回は海外版のネームエラーカードについて紹介しました。

今回紹介したネームエラー以外にも

  • ネームずれエラーカード
  • ネームレスエラーカード

など一点モノが多いですが、カード名に関するエラーカードは種類も多く、コレクション性があります。

気になるエラーカードが見つかったら、購入してコレクションしてみるのも良いでしょう。

今後も別の種類のエラーカードなどを紹介していきます。

日本語のネームエラーカードはこちらで紹介しています。

エラーカードの種類はこちらで紹介していきます。

オススメ記事

関連記事

【画像付き】少年ジャンプチャンピオンシッププロモカード一覧まとめ

【高額!!】日本語版ネームエラーカード一覧【遊戯王カード】

遊戯王カード コレクションの種類と集める方法

【遊戯王】女剣士カナンが高い理由は?レアリティごとの配布枚数も公開!!

【全31種類】英語版『DARK BEGINNING 1』収録エラーカード一覧【遊...

【遊戯王】エラーカード販売サイト・ショップ紹介【おすすめ】