【画像付き】遊戯王2期の再販パック一覧! 特徴や現在の相場を紹介

遊戯王カードの第2期再販シリーズは、2000年5月18日発売「青眼の白龍伝説-LEGEND OF BLUE EYES WHITE DRAGON-」から2001年8月30日発売「Booster Chronicle」までの5種類のパックです。

初期の「STARTER BOX」やブースターパックの「Vol.1」~「Vol.7」、ブースターシリーズの「BOOSTER 7」・「BOOSTER R1」~「BOOSTER R3」を再録したパックです。

約20年前の商品ですがコレクターに人気があり、今でもカードショップやオークションに出品されることもあります。

ここでは第2期再販パック5種類の特徴や現在の相場を紹介します。

第2期再録パック一覧

青眼の白龍伝説-LEGEND OF BLUE EYES WHITE DRAGON-

「STARTER BOX」と「Vol.1」の中から一部のカードを再録したパック。

2期再販パックの中では1番高額となっている。

「青眼の白龍」と「ブラック・マジシャン」がどちらもウルトラレアで収録されている。

発売日 2000年5月18日
現在の相場 約3,000円

全60種類とありますが、型番「LB-00」の「エルフの剣士」は枚数にカウントされていないため実際には全61種類です。

幻の召喚神-PHANTOM GOD-

「Vol.2」・「Vol.3」の中から一部のカードを再録+エクゾディアパーツ5種類をシークレットレアで再録したパック。

収録されているレアカード11種類は全て魔法カードになっている。

ノーマルレアは「強欲な壺」

発売日 2000年8月10日
現在の相場 約2,000円

こちらも全60種類とありますが、型番「PG-61」~「PG-65」のエクゾディアパーツ5種類は枚数にカウントされていないため実際には全65種類です。

暗黒魔竜復活-REVIVAL OF BLACK DEMONS DRAGON-

「Vol.4」・「Vol.5」の中から一部のカードを再録したパック。

値段や流通数から2期再販パックの中では1番入手しやすくなっている。

ウルトラレア4種類全てにネームエラーカードが存在することで有名。

発売日 2000年10月26日
現在の相場 約800円

第2期の再販パックの中では相場が一番安く、未開封のBOXでも2万円代で購入できるため、これから少しずつ未開封BOXのコレクションを始めるという方には最初のBOXとしてオススメです。

>>このパックに収録されているエラーカードについてはこちら

 

鋼鉄の襲撃者-METAL RAIDERS-

「Vol.6」・「Vol.7」・「BOOSTER 7」の中から一部のカードを再録したパック。

ブースターシリーズの再録もあり、このパックのみ収録総数が多い。

Vジャンプの付録カードであった「ガーネシア・エレファンティス」も付録時と同じくウルトラレアで再録している。

発売日 2001年2月22日
現在の相場 約1,000円

こちらも全82種類とありますが、型番「ME-00」の「時の魔術師」・「ME-83」の「幻獣王ガゼル」は枚数にカウントされていないため実際には全84種類です。

Booster Chronicle

「BOOSTER R1」~「BOOSTER R3」の中から一部のカードを再録したパック。

第2期の再販パックの中では唯一アルティメットレアのカードを収録している。(アルティメットレアは「ヂェミナイ・エルフ」)

「デビル・フランケン」・「メタモルポット」・「天使の施し」・「王宮のお触れ」などの強力カードをスーパーレアで再録している。

発売日 2001年8月30日
現在の相場 約1,200円

こちらも全80種類とありますが、型番「BC-00」の「絶対防御将軍」は枚数にカウントされていないため実際には全81種類です。

未開封BOXは一時期急激な高騰があり、現在も高額となっています。

まとめ

「青眼の白龍伝説-LEGEND OF BLUE EYES WHITE DRAGON-」・「幻の召喚神-PHANTOM GOD-」が少し高額になっていますが全5種類と数が少ないため、コレクションしやすいです。

また、Amazonで販売されている絶版のパック類は高額になっている場合が多いので、カードショップやオークションでの購入がオススメです。